優しい使い心地~オーガニックコスメを使おう

LINE UP

top > オーガニックコスメについて > オーガニックコスメが徐々に広まっています

オーガニックコスメが徐々に広まっています

オーガニックコスメは通常のコスメとは違います。成分は農薬や肥料を使わない土地で作られた植物から抽出されています。オーガニックコスメは海外では特に発展が進んでおり、独自の認証機関が損座しています。審査には厳しい基準が設けられているので、全てをクリアして初めて販売が可能です。その認定基準も一般公開されているので、購入者にとって安心できる手がかりになっています。肌トラブルはコスメが肌に合わない場合やストレスなど様々な原因があります。優秀なオーガニックコスメなら敏感肌の人にも安心して使えます。ただし、化学成分が一部配合されている製品も販売されており、必ず効果が出るとは限りません。刺激が少なく肌に確実に効果をもたらす製品をじっくり見つけていきましょう。価格帯は安すぎてもいけませんが、高い製品が確実に良いとも言えません。

オーガニックコスメは多少の差はあるものの、値段は通常のコスメよりも高めです。無農薬や有機栽培の原料が多ければ安全性もより高いかもしれません。無農薬や有機栽培で育てるには大変な手間がかかってきますので、その分値段として反映されています。値段が高ければ優秀だと思いがちですが、必ず効くとは限りません。日本ではまだきちんとした認証機関がありません。そのため、自然素材を売りにしていても中に化学成分を配合しているオーガニックコスメも存在します。また、認証機関に認められている安全な成分だとしてもアレルギーを起こす可能性はあります。植物などにアレルギーを持っている人は、まずはパッチテストを行って問題ないか確認しましょう。安全性を重視するなら色々な成分が入っているものではなく、原料を少なくしたシンプルな製品を選ぶのもおすすめです。

オーガニックコスメという言葉は新しいですが、昔から果物や花などで作られる製品がポピュラーでした。江戸時代には家庭用の化粧水を作る機械があり、植物を蒸して蒸留水を作ってました。ですがこの方法は時代が進むにつれてどんどん少なくなってきました。化学物質を入れれば腐られず長く使えるので、化学成分が入った化粧品が流通してきました。 時代のニーズに合いあっという間に広まりましたが、その一方で肌トラブルに悩まされる人も出てきました。特に敏感肌の人に合わない科学的な成分が多くあったためです。それがきっかけでオーガニックコスメが見直されるようになりました。 オーガニックコスメの認証としてはパラベン・フェノキシエタノール・アルコールなどが含まれていないことが多いです。また、動物実験をしないことを認証しているメーカーもあります。保存状態を考えれば化学成分の化粧品が便利ですが、安心して使える製品ならオーガニックコスメを選択することが最善です。