優しい使い心地~オーガニックコスメを使おう

LINE UP

top > オーガニックコスメについて > お肌にもやさしいオーガニックコスメ

お肌にもやさしいオーガニックコスメ

オーガニック製品が見直されて、世間の定番になってきたのは、一体いつごろからでしょうか。赤ちゃんの肌着や、顔を拭くフェイスタオルなど、肌に触れる衣類などは、100%コットンよりも、さらに質の良い何パーセントかの割合でしか獲る事の出来ない、希少価値の高い上質の綿で出来ています。繊維の中でも、化学繊維なんかよりは、よっぽどお肌に良い、天然素材から出来ていますから、お肌が弱い赤ちゃんや、アレルギー疾患のある人などには、大変お勧めの繊維です。でも、お肌に良いと言っても、肌の上から直接着たり羽織ったりする物ですから、そもそも持ち得ているお肌本来の性質を変える事は不可能です。そこを変えて行くには、例えば毎日の食事の栄養バランスだったり、スキンケアだったりで、体の内側から変えて行く必要があります。

オーガニックコットンなどの衣類の次に、着目される様になったのが、人間のお肌に直接作用するオーガニックコスメです。主なスキンケア製品である、化粧水や乳液などの基礎化粧品は、毎日肌に直接触れる化粧品です。この時期なら、お肌の中に浸透いして、潤いを保ったり、外の乾燥をバリアしたり、夏場だと逆に、毛穴を引き締めさっぱりさせる効能などが重視されるでしょう。人体にダイレクトに影響する基礎化粧品ですから、なるべく石油や防腐剤、着色料などの化学成分は避けたいと言うのが本音です。体に良い、ナチュラルな天然素材で、使えば使うほど肌を通して体にも良いそんなオーガニックコスメを作って、人間の基本となる体からキレイにしていく事が、一番ダイレクトに美しさへと繋がって行くのではないでしょうか。

体の中に入れるオーガニックは、口から運ぶ食事と同じ様な素材の物もありますし、ハーブなどは紅茶などにして飲用したり、香りを楽しんだりして精神的なリラックス効果を得られるタイプの物まで様々です。体に良いとされるオーガニックは、口に入れても美味しい物が沢山です。カモミールなどはお紅茶でも呑めますが、化粧水などの成分に含まれている事も多いのが特徴です。美白効果などもあります。日本ならではのハトムギや玄米なども、昔から美白に良いとされ、定番の飲み物として親しまれていますが、それらは化粧水に入っている事もしばしばです。しみやそばかすなどを目立たなくさせると言う効能があり、肝斑などを失くす作用も含まれています。体に良いと言う認識もすでにある為、抵抗なく、お肌に良い物をガンガン使える安心感もあります。